ジャガイモの植え付け

 今日は午後から日差しが出てきて、さらにジャガイモの芽も結構出てきていたので若干早いかなと思いつつ植えつけました。
 例年、生ごみから出てくる品種の分からないジャガイモを植えていたのですが、今年はバッチリ品種が分かるものを揃えました!(ちゃんと種芋を購入しました;)
 今回植えたのは、「はるか」「シャドークイーン」「シェリー」「インカのめざめ」「シンシア」の5種類です。(下の写真もこの順番です)

 「はるか」は、シストセンチュウに抵抗性があり、量産性だそうです。味もなかなかいいとの噂です。

 「シャドークイーン」は、なんといってもこの紫色が特徴です。誰だ!ヨウ素液を垂らしたのは!というくらい、みごとな紫色の断面でした。この紫色はアントシアニンだそうです。ただし、シストセンチュウに抵抗性はないそうです。

 「シェリー」は、表皮が赤く、シストセンチュウに抵抗性があり、保存性がいい上に食味が非常にいいという、植えてくれと言わんばかりの性能を秘めたジャガイモのようです。今回真っ先にこの品種を選びました。

 「インカのめざめ」は、栗を思わせるような美味しい品種だということです。断面も黄色く、美味しそうです。ただ、ウィルスに弱く、シストセンチュウに抵抗性がないとのことで、他の品種に比べて栽培が難しいのかも知れません。あまり大きくないと聞いていたのですが、今回の種芋は大きく、内部異常が若干見られました。

 「シンシア」は、なんだか名前の響きが良かったことと、とにかく美味しいとのことで選びました。表皮があまり凸凹してなく皮を剥きやすく、煮崩れもしにくいそうです。ただし、シストセンチュウに抵抗性はないそうです。

blog_100228_01.jpgblog_100228_02.jpgblog_100228_03.jpgblog_100228_04.jpgblog_100228_05.jpg

 植え付け方は、まず種芋を縦に切って灰(今回は市販の草木灰を使用)を切り口にまぶし、切り口が下になるように5~7cmの深さに植えます。(小さめの種芋は切らずに植えて大丈夫みたいです。)
 ワンポイントとして、プランターの土は5~6割程度にしておいて、芽が15cmくらい伸びたら土を5cmくらい足して(増土)、それから半月後にさらに5cmくらい足すといいそうです。
 おいしいジャガイモができますように>_<。

blog_100228_06.jpgblog_100228_07.jpg
Calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
ブログLink
others
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト



  • by都内散歩


     

    自然のなかを都内と言う限りのある中でお散歩していくサイト「都内散歩」では、今までのHPと違って動画や写真を使って紹介しています。
    都内のお散歩はいかがですか?

    http://walk.quu.cc/